しわを改善する化粧品|年齡が出る目もともこれでOK

肌が弱い人の化粧品選び

肌のお手入れ

洗顔する時の工夫

季節が変化する時期や、花粉やホコリ、紫外線などの外的刺激、又はストレスなどが原因で起こる肌荒れに悩まされる方の肌質は、敏感肌と呼ばれることがあります。敏感肌の方の肌は薄く様々な刺激に対してアレルギー症状が出てしまうことがあるため、敏感肌用化粧品を使って肌を安定した状態に保ったり炎症を抑えるなどの工夫が必要とされています。例えば、毎日の洗顔も肌が敏感な人はこすったり洗顔料の添加物が肌の刺激となることがあります。そのため、洗顔時は肌をこすらずに洗顔料を良く泡立てて泡で優しくマッサージするように洗うことで、肌に刺激を与えることなく汚れを落とすことができると言われています。洗顔するときは、お湯ではなくぬるま湯の洗顔が推奨されています。

日焼け止め選びのコツ

敏感肌の肌に刺激になる要素として挙げられるものに、紫外線があります。紫外線は、肌にとってダメージになるだけでなく、敏感肌の人にとっては赤くはれてしまうなどの肌トラブルになるケースがあります。そのため、日焼け止めが多くのメーカーから販売されていますが、日焼け止め成分にもアレルギーを起こしやすい物質が含まれていることがあります。日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤は、紫外線を効果的に防ぐ一方、吸収させることで紫外線を防ぐ方法のため、敏感肌の人にとっては刺激になることがあるとされています。そのような肌質の方向けに、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが販売されています。敏感肌向けの日焼け止めは、紫外線を散乱させる方法が取られていますので、肌に優しいとされています。